So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

首相、参院選負ければで辞任かとの質問に「気の早い人だね」(産経新聞)

【菅首相ぶら下がり】(14日夜)

 菅直人首相は14日夜、首相官邸で記者団から参院選で敗退した場合に辞任する可能性について問われると、「割とあなたも気の早い人だね。(就任してから)まだ1週間目なんだけどな」と述べた。

 ぶら下がり取材の詳細は以下の通り。

【国会】

 −−きょうの野党との国会論戦で自民党の谷垣禎一総裁は、国会の会期を延長せず選挙に突入するのは逃げの手法だと批判している。首相は答弁で、参院選で判断するのは国民だとおっしゃっているが、菅首相就任後、野党との論戦がきょうの代表質問のみで、国民に十分な判断材料を与えられていると考えるか。また、民主党代表として党側に十分審議時間を確保するよう指示する考えはあるか

 「まあ、あの、国会について、いろいろ与野党でやっておられると聞いておりまして、そこはもう任せています。それから、まあ、いろんな議論はですね、これからたとえば選挙になるとすれば、選挙の場でテレビとか、いろんな場面でまた、たくさんありますから、それをあわせて国民のみなさんが十分、判断していただけるような、そういうところは私も出なきゃいけないときには出なきゃ、出て行かなきゃいけないかなと、こう思っています」

 −−国民の選択の場なので、いろんな論議がある中で国民が選択することになると思う。十分だと考えるか

 「うーん。あのー…、十分というのか、これ、通常国会の日程で、結局のところ与野党で議論して、これ以上延長はしないでいくという方向だと聞いていますが、ですから、議論は議論として、いろんな場面がありますから、そういうところでまたやることになるんじゃないでしょうか」

【参院選】

 −−首相は答弁で、参院選で国民の信を問うとおっしゃったが、もし参院選で負けた場合、責任をとって辞任されるという考えはあるか。改めて勝敗ラインを聞かせてほしい

 「割とあなたも気の早い人だね。まだ、まだ1週間目なんだけどな。あの、とにかく、衆議院選挙ももちろん国政選挙ですけれども、参議院選挙も国政選挙で、やはり国民のみなさんが、自分の意思を選挙で表明する大きなチャンスですから、そういう意味で、一般的に国民のみなさんの声を聞く機会だという意味で、信を問う機会だということを申し上げたんです」

 「まあ、獲得目標とかいろいろありますけど、私が当初申し上げましたように、かなり当初厳しい状況がこの前の段階でありましたので、6年前に岡田(克也)代表のころに、かなりそれでも以前から見れば躍進した、その3年前からみれば躍進した議席だったわけですが、今から9年前に比べればですね。そういう意味ではまずは現有議席を、現有議席をしっかり確保すると。このことをまずの目標とすべきだと。そういう考えは変わってません。もちろん、それを超えていくことが望ましいことは申し上げます」

【関連記事】
首相、戦略相問題は厳重注意で幕引き、普天間では責任回避 
衛藤副議長が与党に苦言? 民主「唐突」と反発も
故永井氏めぐり首相と渡辺氏が“まな弟子”対決
菅首相が参院選勝敗ラインを上方修正 「50議席超えが望ましい」
首相、拉致実行犯の釈放嘆願署名「反省している」

首相動静(6月10日)(時事通信)
大麻栽培、またベトナム人逮捕 民家で173株「知人に誘われ」(産経新聞)
<はやぶさ>「カプセル分離」に拍手…JAXA管制室(毎日新聞)
20日に関節リウマチの啓発イベント―中外製薬(医療介護CBニュース)
顔写真公開の男出頭=「逃げきれない」―振り込め詐欺容疑・警視庁(時事通信)

「政権空白」ないよう指示=鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は2日午後、退陣表明に伴い臨時閣議を招集し、各閣僚に対して「政権移行期に当たっては、政権の空白をつくることのないよう危機管理等に万全を期する必要がある」と職務に全力を挙げるよう指示した。首相は用意した紙を読み上げて、「本日首相を辞する意思を明らかにした。これまでの閣僚の支援と協力に対し、心よりお礼を申し上げる」と謝意を示した。 

【関連ニュース】
鳩山首相が漏らしていた「辞意」
鳩山首相が漏らしていた「辞意」
小林氏に議員辞職要求=鳩山首相
鳩山首相、辞任会見を拒否=「説明責任放棄」の批判も
鳩山首相退陣表明の要旨

<高校生死亡>暴行か 傷害容疑で少年逮捕 福岡(毎日新聞)
自称NPO、関係深い7業者に見積もり 引っ越し代、市に架空請求も(産経新聞)
貧困ビジネス 別の自称NPO代表も逮捕 生活保護費詐取の共犯(産経新聞)
「ごめんね…」首相は閣僚につぶやいた(産経新聞)
<東電>福島第2原発1号機停止へ 冷却水の弁故障(毎日新聞)

両陛下が全国植樹祭にご出席(産経新聞)

 神奈川県を訪問中の天皇、皇后両陛下は23日、秦野市で「第61回全国植樹祭」の記念式典に臨まれた。陛下は丹沢の自然林を代表するブナとスダジイ、皇后さまはコブシとヤブツバキの種をそれぞれまかれた。

 これに先立ち、両陛下は南足柄市の別会場で、自ら鍬を持ち、ケヤキ、無花粉スギ、ヤマザクラなどの苗木を植えられた。あいにくの雨となったが、皇后さまは作業後、土を手で丁寧に固められていた。

 全国植樹祭は毎年の恒例行事で、今回の開催で47都道府県すべてで行われたことになった。

【関連記事】
カンボジア国王迎え、両陛下ご主催で宮中晩餐会
皇后さま、浅田のメダルに「すごく重いんですね」
都心の穴場? 皇居入園者「9年連続」じわじわ増加
両陛下が宝塚の公演ご覧に 陛下は52年ぶり
両陛下、ご静養入り 須崎御用邸などに滞在

福島党首が会見へ=社民(時事通信)
宮崎9市町長、口蹄疫ワクチンに同意せず(読売新聞)
沖ノ鳥島保全法が成立=離島の調査・開発拠点を整備(時事通信)
最年少11歳プロ棋士、ほろにがデビュー(産経新聞)
330m引きずられ死は70歳 逮捕トラック運転手「衝撃あった」(産経新聞)

<事故>木に挟まり4日間飲まず食わず 47歳女性救出(毎日新聞)

 鹿児島市吉野町の無職、鮫島倫子(ともこ)さん(47)が16日から行方不明となり20日夕、4日ぶりに見つかった。雑木林の木に右足を挟まれて動けなくなり、助けを待っていた。右足に軽傷を負い、4日間飲まず食わずだったため衰弱しているが、命に別条はないという。

 鹿児島中央署によると、20日午後5時半ごろ、自宅から約300メートル離れた雑木林で近所の男性が発見、110番した。鮫島さんはYの字に枝分かれした木の幹に右足のすねを挟まれていた。消防署員数人が体を持ち上げて救出した。16日午後2時40分ごろ、自宅を出たまま戻らず、家族が同署に捜索願を出していた。4日間立ちっぱなしだったという。

 鹿児島市では、19日昼から20日にかけ雨が時々降っていた。【黒澤敬太郎】

【関連ニュース】
熊取町の女児不明:不明7年、友梨さんを応援 JR熊取駅に絵手紙展示 /大阪
着服:職員が1230万円−−横浜市芸術文化振興財団 /神奈川
尼崎の行方不明:81歳女性、不明3年 長女ら「情報提供を」 /兵庫
遭難:横浜の女性ら2人、山形の神室山で /神奈川
坂出の女児不明:大西有紀ちゃん行方不明から5年 JR坂出駅前でちらし配布 /香川

<掘り出しニュース>明治から続く医院、画廊に 岐阜・池田(毎日新聞)
「もんじゅ」驚くべき作業ミス 制御棒の操作方法知らなかった(J-CASTニュース)
B型肝炎訴訟 救済へ、やっと一歩 和解協議入り(毎日新聞)
内閣委員長解任決議は否決(産経新聞)
<突風>架線にトタン屋根 名鉄線41本が運休 岐阜・笠松(毎日新聞)

仕分け結果に基づき改善策=UR賃貸住宅事業で−前原国交相(時事通信)

 前原誠司国土交通相は27日の閣議後記者会見で、政府の行政刷新会議による事業仕分けで一部民営化などの評価を受けた都市再生機構(UR)の賃貸住宅事業について、「この結果に基づいて改善策を講じていきたい」と述べ、仕分け結果に沿って事業を見直す意向を示した。
 その上で、見直しの課題として「10兆(円)ほどの負債があるので、いくらで売却できるのかということと、残すべき事業を何に限定するのかといった整理も必要」と指摘した。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設〜5月中の決着は?〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」

国病機構の病院事業「規模縮減」―事業仕分け第2弾(医療介護CBニュース)
水俣病東京・大阪訴訟、和解向け事前協議入りへ(読売新聞)
化石 アナジャコ属の新種発見 アジア最古 北九州で(毎日新聞)
ポートアイランド 工事現場の鉄板盗難(産経新聞)
「心神耗弱」争わず=中大教授殺害で検察側−東京地裁(時事通信)

<行方不明>ネパール人就学生の22歳女性、昨年8月から 福岡県警捜査(毎日新聞)

 福岡市南区の日本語学校に通っていたネパール人就学生、サビナ・マハルジャンさん(22)が昨年8月から行方不明になっている。関係者への取材で分かった。携帯電話は通じず、金融機関の口座も金の出入りがないという。学校、親族とも女性が失跡する理由に心当たりがないとしており、福岡県警は事件に巻き込まれた可能性もあるとみて捜査している。

 関係者によると、マハルジャンさんは就学ビザで一昨年4月に来日し、日本語学校に入学。昨年8月27日に欠席したため職員が携帯電話にかけると「自転車がパンクしたから遅れます」と答えた後、連絡が取れなくなった。

 一方、親族のネパール人男性によると、8月26日にマハルジャンさんから電話があり、「また連絡します」と言って切れた。連絡がないため数日後、携帯電話にかけると男が出て「違います」と答えたという。その後、携帯電話の電源が切れた状態になっている。

 31日に職員が南区のマハルジャンさんのアパートを訪ねると、部屋はベッドとテーブルなど主な家財道具を残して何もなくなっていた。

 学校は9月上旬、福岡・南署に家出人捜索願を提出。県警が部屋を調べたが、争ったような跡はなく、携帯電話やメールの通話記録にも不審な点はなかった。ビザの滞在期限は今月中旬に切れる。

 日本語学校の事務局長は「最初は行きたがっていた東京に行ったのかと思った。悩みやトラブルは把握していない」。親族の男性も「在日ネパール大使館に連絡したが情報がない。心配でたまらない」と話した。【関谷俊介、島田信幸】

支持率低下は「政権の約束と実行の乖離」前原国交相(産経新聞)
雑記帳 「チーム青森」の近江谷選手が市営バスの車内放送(毎日新聞)
鳩山首相「最大の敗者」 核安保サミットで米紙(産経新聞)
ホームオブハート訴訟で和解=セミナー参加者に支払い−東京地裁(時事通信)
決起せよ、団塊政治家(産経新聞)

<自民党>谷垣総裁が近く「ツイッター」開始 ぼやき先行も(毎日新聞)

 自民党の谷垣禎一総裁が近く簡易投稿サイト「ツイッター」を始めることになった。これまで「つぶやきみたいなことはあまり好きではない」と消極的だったが、15日夜に会食した世耕弘成広報本部長代理が口説き落とした。ツイッターは永田町でも急速に浸透しており、同党は選挙運動での利用解禁も検討中。ただ、谷垣氏は周辺に「どういう発信力を持つかよく分からない」と漏らし、ぼやきが先行している。

【関連ニュース】
与謝野氏離党:谷垣氏「残念」、亀井氏「今後の行動期待」
自民党:執行部、現体制で参院選…谷垣総裁
谷垣総裁:「気迫持って迎えたい」党首討論に決意
自民党:谷垣総裁「前面に立つ」と決意表明 参院選に向け
谷垣総裁:議員懇開催へ 執行部交代要求は拒否

42歳女性、市営住宅で変死=頭に傷、事件の可能性−名古屋(時事通信)
広島女児殺害 差し戻し控訴審始まる(産経新聞)
高齢ドライバーらの専用駐車区間、19日から導入(医療介護CBニュース)
公式の日米首脳会談見送りへ 米側、日程確保厳しく(産経新聞)
「子供を想う母の悲しみ知った」 苦闘が生んだ脱北者映画、17日から上映(産経新聞)

「孤独死」身近に感じる高齢者は4割超―内閣府調査(医療介護CBニュース)

 内閣府はこのほど、「高齢者の地域におけるライフスタイルに関する調査」の結果を発表した。それによると、誰にも看取られずに死後発見される「孤独死」を身近に感じている高齢者は、全体の42.9%だった。

 世帯別では、単身世帯の64.7%が孤独死を身近に感じていた。都市別では、最も低い町村の36.4%と比べて大都市が46.7%と10ポイント以上高かった。また、健康状態が良くないと18.8%が回答。このうち52.0%が孤独死を身近に感じていた。

 健康状態が良くない人の24.7%が、何らかの手助けやサービスを受けている一方、12.2%が必要と感じるものの手助けやサービスを受けていなかった。健康状態が良くない人が受けている手助けやサービスは、「通院や送迎や外出の手助け」が17.7%で最も多く、以下は「話相手や相談相手」(14.6%)、「食事作りや掃除、洗濯の手伝い」(14.5%)、「ちょっとした買い物やゴミ出し」(14.0%)の順だった。

 また、地域の困っている高齢者の家庭に対して、手助けをしたいと考えている人は80.3%に上ったが、実際に何らかの手助けをしている人は29.0%にとどまった。

 調査は高齢者と地域社会のかかわりの現状を把握することを目的に、昨年10月29日から11月8日にかけて実施。対象は全国の60歳以上の男女5000人で、3484人から有効回答を得た。


【関連記事】
高齢者の個人情報、区民に提供―中野区が孤独死問題で初の条例化へ
地域包括ケアの推進へ介護保険担当課長会議
「異状死の原因究明を」−与党議連が設立総会
「孤立死」対策、大筋で了承
孤立死ゼロと「監視社会」

<都営新宿線>急行に接触し男性重体、30本運休(毎日新聞)
悠仁さま、「少しお泣きに」=入園式の様子発表−宮内庁(時事通信)
山崎さん宇宙でブランド服…芦田淳さん次女デザイン(スポーツ報知)
3邦人死刑に懸念=社国幹事長(時事通信)
<殺人>アパートで68歳男性死亡 青森・十和田(毎日新聞)

自民・谷垣総裁、舛添氏に選対本部長代理を打診(読売新聞)

 自民党の谷垣総裁は1日午前、党本部で開いた全議員懇談会で、参院選前に大島幹事長や川崎二郎国会対策委員長ら主要人事の刷新を行う考えがないことを明言した。これに関連し、谷垣氏は舛添要一・前厚生労働相に、近く発足させる参院選挙対策本部の本部長代理に就任するよう打診した。

 懇談会で、谷垣氏は「(参院)選挙まであと100日だ。骨格の人事を大きくいじる考えは毛頭ない。私が責任を持って選んだ人事で戦いたい」と述べ、人事刷新は参院選後に行う考えを明らかにした。

 また、「参院選でねじれを作らなければいけない。これを私の覚悟として参院選を戦いたい」と述べ、与党を過半数割れに追い込むことを目標として表明した。

 派閥については「効用がないと思う人は抜ければ済む。勉強会を自由にやってもらったらいい」と語り、解消の必要はないとの考えを示した。

 これに対し、出席者からは「派閥は変えない、人事は変えないでは、自民党は変わっていない。40、50代の若手を登用しないとこの党は持たない」(菅原一秀衆院議員)、「国民が自民党に期待できないのは派閥政治だと言っている。言い訳してはダメだ」(谷川弥一衆院議員)などの不満が噴出。懇談会は予定を大幅に延長し、2時間半近く行われた。

 人事の刷新を求めていた与謝野馨・元財務相や園田博之・元官房副長官、舛添氏らは懇談会を欠席した。

 懇談会終了後、谷川秀善参院幹事長は「昨日、選対本部長代理を何人か置きたいという話があったので、舛添氏がいいという意見を言った」と述べた。

座礁フェリー無惨な姿 船体バラバラ、撤去「6月末までに」(産経新聞)
<乳児遺体>37歳女を遺棄容疑で逮捕 プランターに埋める(毎日新聞)
19道府県に2万2000個=廃ポリタンク漂着状況−環境省(時事通信)
<TBSホールディングス>役員報酬をカット(毎日新聞)
ベランダに乳児遺体、兄が発見 母「別の男性との子」埋める(産経新聞)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。